ふんわりワッフル(いちご&ホイップ)【ローソン11月18日新商品】

ふんわりワッフル(いちご&ホイップ)

“ふんわり焼き上げたワッフル生地の間に、とちおとめ苺のコンフィチュールを混ぜ込んだほんのりピンク色のクリームと、いちごと相性の良い練乳を効かせた白いホイップクリームをサンドしました。”

  

 ふんわりワッフル(いちご&ホイップ)011

ローソンの新スイーツ「ふんわりワッフル(いちご&ホイップ)」のレビュー感想記事です。

今週の「とちおとめ」使用シリーズ3個目です。
1個目→「もち食感ロール(いちご)
2個目→「クロワッサンドーナツ(ストロベリー)

イチゴは12月から多く出回り旬は3月くらいですから、気持ち早めですね。
コンビニは、何かと最速を求められるところもあるのでこんなものでしょうか。
コンビニが新商品に真新しい食材を使い始めたら、食べごろの季節が近づいたということかもしれません。

さすがコンビニ。
バロメーターとしても役に立ちます。 

 

 

ふんわりワッフル(いちご&ホイップ)

ふんわりワッフル(いちご&ホイップ)003

ふんわりワッフル(いちご&ホイップ)

ふんわりワッフル(いちご&ホイップ)002

イチゴの香りを楽しみつつ、ナイフを入れてみたのですが。
イチゴクリームとホイップの比率が9:1くらいになっていましたw

こういうものでしょうか?
外から白ホイップも確認できるのですが、中はほぼピンク一色!

ワッフル生地はふわふわ食感。
“ふんわりワッフル”の名に偽り無し。
クリームに隠れがちですが、生地自体にもほんのり甘い味付けがあります。

 

イチゴクリームは酸味強めです。
もちろん甘くもあるのですが、とろけるような甘さではなく刺激的な甘酸っぱさですね。
よって、今週のローソンの「とちおとめシリーズ」は全て酸味強めのバランスでした。

「酸っぱさが求められているのか??」
「世の中は、甘さより酸っぱさを求めているのか??」

ちなみに、公式の説明文に“とちおとめ苺のコンフィチュールを混ぜ込んだ”とありますが、「コンフィチュール」とは、フランス語でいう“ジャム”のことだそうです。
果肉を多く含んだジャムを指すことが多いようですが、今回は普通にイチゴジャムと言う意味で良いのかな?
特にイチゴの果肉は入っていませんでしたし。

少し早めのイチゴを楽しみたい方、「甘さより酸味!」という方にオススメのワッフルでした。 

 

 

ふんわりワッフル(いちご&ホイップ)のカロリー成分表

ふんわりワッフル(いちご&ホイップ)の重量 

【スイーツデータ】

商品名 ふんわりワッフル(いちご&ホイップ)
カロリー 184kcal
炭水化物 25.0g
重量 70g
製造元 株式会社モンテール
価格 ¥150(税込)
購入したコンビニ ローソン
SponsoredLink

【個人的評価】
各1~5点/合計30点満点

甘さ

見た目
食感
食べやすさ
お得感
幸せ度
合計 22点/30点
平均(合計÷6項目) 3.6点/5点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カロリーで探す

500kcal- 400-499kcal- 300-399kcal- 200-299kcal- 100-199kcal- under100kcal-

季節やイベントで探す

limited spring summer autumn winter christmas setubun valentine collaboration

このブログの歴史

ダイエット体験記

コンビニスイーツを全部食べる人のスムージーダイエット【準備編】

return top